リロケーションの仕組み

リロケーションとは、転勤や出張などで長期間留守にするお宅を預かり、その部屋を個人や企業に斡旋して賃貸を行なうサービスであり、業種を指します。一般的にはリロケーションサービスと呼ばれていますが、このサービスは国内では1984年に始まったとされています。それほどの広まりを見せることもなく知る人ぞ知るサービスというものだったのですが、2000年代に入って、ようやく注目されるようになったのです。それは海外赴任者の増加によることが一番の要因です。海外赴任といってもある一定の期間だけの赴任ということが多く、中には数ヶ月あるいは1年という人もいるでしょう。

中には何年も戻ってここないという人もいるのです。そのような人たちが自己所有している家やマンションを有効に活用しようというのがリロケーションなのです。家を空けている間に、他人に使ってもらうのには抵抗があるという人もいることでしょう。しかし、ローン返済をしている人にとっては、リロケーションによる家賃収入は捨てがたい魅力に映るものです。もちろん転勤から戻ってきたら、その間に間借りしていた人は退去しなくてはいけません。そういう契約ですから、仕方のないことです。また、短期間でも家や部屋を密閉状態にしておくことは、老朽化を早めてしまいます。湿気がこもることでカビが発生しやすくなりますし、家を管理する一つの方法として現在とても注目されている、空き家管理の一つの方法なのです。

Copyright © 2014 リロケーションの概要について All Rights Reserved.